防犯カメラで犯罪を予防【予防ともしもに備える設置カメラ】

スーツ

防犯性の高い金庫

防犯

非常に頑丈な物なので貴重品を入れている場合が多いのではないでしょうか

金庫は非常に頑丈な物なので貴重品を入れている場合が多いのではないでしょうか。 特に通帳や判子などは勿論のこと、有価証券や権利書、そして現金などを入れている場合がありますよね。 世の中には金融機関をあまり信用していない方も存在していますので、雀の涙程度の金利に見切りをつけて自分が所有する頑丈な金庫に現金でお金を保管している方も存在します。 現在の金庫は二重で鍵を掛けられる物も増えており、従来の鍵やダイヤルロックなどだけではなく、カードキーや指紋認証を必要とする物まで存在しており複数のロック機能を備えた金庫も珍しくはなくなりました。 さらに金庫によってはかなり重量があるものも存在しますので、単独犯では運び出すのが困難な物も少なくはありません。また、金庫ごと盗まれてしまうケースもあるので金庫のある部屋などには防犯カメラなどを設置しておくとさらに安心です。盗まれてしまった場合でも犯人の映像が防犯カメラに写っていればそれを頼りに捜索のしやすさも向上するので設置すると防犯強化に繋がります。

非常に堅牢な金庫の鍵開けが必要な事態になってしまったら

非常に堅牢な金庫の鍵開けが必要な事態になってしまった場合は、当然ながら通常の鍵開けほど簡単に解決しない場合があります。 今では年中無休で時間帯を選ばずに鍵開けを行ってくれる専門の業者が存在していますので依頼する先には困ることはないでしょうか。 そういった高品質なサービスを提供してくれる専門の業者でも、金庫の鍵開けとなるとかなりの苦労を強いられます。 ですので、金庫の鍵開けを依頼し場合は通常の鍵開けよりも高額の料金が発生する可能性があります。 もちろん、料金は鍵開けに手間が掛かるほど高くなってしまうので、事前に専門の業者へ無料見積もりを頼んでおくと安心です。 金庫は防犯面で非常に役に立つ製品ですが、ロックの解除できなくなったときの苦労も大きいので注意が必要です。

もしもの時は依頼

鍵

お金や大切なものを保管する金庫を利用している家庭は段々増えています。頑丈な作りになっているため簡単には開かないので安心して利用出来ます。しかし、暗証番号を忘れてしまったり鍵が故障した際には鍵屋に持っていきましょう。

鍵開けを依頼

ガードマン

金庫を所持している企業などは重要な情報や企業の収支に関するものを金庫にしまっておくのが一般的です。しかし、トラブルが発生して金庫が開かなくなってしまった場合は専門業者に依頼して鍵開けを行なってもらいましょう。

警備会社を利用する

セキュリティ

近年では一般住宅でも警備会社を依頼するケースが増えています。マンションなどでも警備会社と契約している住宅もあるので防犯面の高い住宅を利用したい場合は警備会社などを利用していきましょう。